債務整理 デメリット 任意整理

債務整理の中でも一番よく利用されるのが任意整理です。

任意整理は裁判所を介さずに行えるほか、債権者ごとに債務整理をするかどうかを選ぶことができます。(自己破産など、債権者ごとに債務整理ができず全部まとめて行うものもある。)

こうしたメリットがある一方で、任意整理にもほかの債務整理と同じく、もれなく信用情報機関に名前が載ります。そうすると新しくカードを発行したり、ローンが組めなくなるというデメリットがあります。

こうした不便を踏まえたうえで、返せなくなった借金を債務整理するかどうかを決めると良いのかなと思います。債務整理にはデメリットもありますが、借金が減って返しやすくなるというメリットもあります。

【おしなり法律事務所】

債務整理 デメリット

このブログでは債務整理のデメリットについて紹介していこうと思います。

債務整理をすると借金額を減らせたり、利息をカットできたりするので、どうしても今の借金を返せない人、返すのが苦しい人が取る手段として有効です。

一方で、一度債務整理をすると信用情報機関というブラックリスト的なものに氏名と住所が載ります。そうすると、新たにクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることが難しくなります。

信用情報への登録期間は債務整理の種類にもよりますが、大体5年から10年くらいです。結構長いですよね。その期間借り入れなどの融通が利かなくなるのは不便だと思います。

こうしたことを踏まえたうえで、債務整理をするべきか否かを判断していきます。